« 2020年12月 | トップページ | 2021年5月 »

2021年3月17日 (水)

【一時支援金】

何度も繰り返す「緊急事態宣言」により時間短縮営業による影響


それに伴い、外出の自粛などにより売上減少している中小企業・個人事業者に

一時金が支給されることになりました。


給付金額の上限金額は、法人が60万円 個人事業者は30万円


対象期間と条件ですが、2019年もしくは2020年の売上と2021年

1月から3月の売上を比較し、50%以上減少している事です。

1月から3月までのどれか1ヶ月を給付対象とし選択します。


「飲食店の時間短縮営業」または「外出自粛の影響を受けている」事が

条件なので、飲食店以外の業種にも幅広く適応しそうです。(基本、業種不問)


申請受付期間は5月31日までです。


申請はオンライン可能。

まずは、ホームページで申請IDを発行してください。


詳しくは、公式ホームページを御覧ください。

https://ichijishienkin.go.jp/


私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での

お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。



ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



税理士法人 入江会計事務所


神戸事務所 ☎ 078-599-5556


東京事務所 ☎ 03-5408-5556

 

 

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

【事業再構築補助金】

新型コロナウイルスの影響は様々な業種に大きくダメージを与えています。


そのために、多くの事業の業態が変わってきています。


例えば、対面が当たり前だったものが、非対面に。。。


店内での飲食が当たり前だったものが、持ち帰りやデリバリーに。。。


このように業態変更を迫られています。


売上が減少した中小企業等を対象に新事業を始める、業務内容の転換を支援するための

補助金が3月から公募が始まるとアナウンスが有りました。


事業再構築補助金は個人事業主も含まれるようです。


補助の対象になるものですが、建物費、建物改造費、設備費、システム購入費など

幅広い業種に対応した補助金のようです。


詳しくはこちらのHPをご確認ください。



https://www.meti.go.jp/covid-19/jigyo_saikoutiku/index.html

事業の転換や新たな取り組みを行おうと思っていた方は、ぜひ活用してみてください。


補助金を活用するためにも公募前から準備しておくことをおすすめいたします。。



私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での

お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。



ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



税理士法人 入江会計事務所


神戸事務所   ☎ 078-599-5556


東京事務所   ☎ 03-3593-5666

 

| | コメント (0)

【雇用調整助成金 延長】

新型コロナウイルス感染症拡大による、緊急事態宣言の延長に伴い

特例措置を6月までの延長となりました。


当初は4月末まで、休業手当を支払って雇用を継続した企業に最大1日あたり15,000円

の特例措置ですが、5月以降は企業の経営状況や感染状況に応じて金額が変わっていくようです。


金額が下がりながら、6月までの延長ということです。。。。。


そのほか、休業手当を受け取れていない大企業の非正規労働者に直接支給する休業支援金は

昨年の4月から6月にさかのぼって申請ができるようです。


更に、昨年11月以降に都道府県の要請を受け休業した事業者も対象にということなので、

出来ないと決める前に、相談をしたほうが良いかもしれません。


日々、情報が変化していますので こんな時だからこそ 
こまめに確認をしてくださいね。


詳しくはこちらを御覧ください。

   ↓

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での

お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。



ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。



税理士法人 入江会計事務所


神戸事務所   ☎ 078-599-5556


東京事務所   ☎ 03-3593-5666

 

| | コメント (0)

【マイナンバーカード=健康保険証】

私の家にもマイナンバーカードの交付申請書の用紙が郵送されて来ました。
今年2021年3月(予定)からマイナンバーカードが健康保険書として利用が可能になるようです。 

なかなか普及しないマイナンバーですが、そろそろ本腰を入れてきたという感じでしょうか。

そこで、マイナンバーが保険証として利用できることで、何が便利になるのか調べてみました。

①引越し、就職や転職のときでも保険証の切替えを待つことなく受診ができる。

②今までのように限度額認定書がなくても、自動的に高額療養費制度における限度額以上の
 支払いが免除されます。

③マイナポータルを利用して、自分の特定検診情報や自分の薬剤情報を確認できる。

④マイナポータルを利用して、自分の医療費情報の確認。そして令和3年分の確定申告から
 医療費控除の申告書作成も自動できるようです。

ただし、、、、、マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには

まずは、マイナンバーカードを申請し、カードを持った上で
マイナポータルのサイトで、利用申込みする必要があります。。。

まだまだ、色々と使えるところや使うメリットも増えてきそうですが、
それと同様に改善も多いのではないかと思います。

でも、今後は徐々に必要になってくるんでしょうね。

私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での
お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。


ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。


税理士法人 入江会計事務所

神戸事務所   ☎ 078-599-5556

東京事務所   ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0)

« 2020年12月 | トップページ | 2021年5月 »