« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月19日 (火)

【公共料金の減免と延長】

今回の新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、公共料金の支払いも
減免や延長の措置が取られています。

上下水道・・・各自治体でそれぞれ違いますが、基本料金が申込不要で数カ月間免除になったり
管轄の水道局へ電話で申し込むことによって、申込み当日から数カ月間の猶予になったりしています。

電気・ガス・・・条件(緊急小口資金や総合支援資金の貸付を受けている)はありますが、
電気ガスの各事業所へ電話申し込みすることで、支払期日が2ヶ月延長することができます。
(3月・4月分のみで、5月分は1ヶ月)

電話料金(携帯電話・固定電話)・・・支払期限が2月末日以降のものですが、5月末日まで延長。
こちらも各事業所に電話で申し込み

そして、、、、

NHK受信料・・・こちらも個別の状況に応じて延長を検討中のようです。


公共料金以外にも、その他にも日々、様々な減免や延長措置が増えています。

生命保険・損害保険の支払いや継続手続きや大学などの授業料の猶予もあります。

まずは、いろいろな情報を集めることが重要ですので、気になることは迷わず
調べてみてくださいね。

大変な時期ですから、活用できるものは活用していきましょう。

私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での
お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

税理士法人 入江会計事務所
神戸事務所 ☎ 078-599-5556
東京事務所 ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0)

【子育て世帯への臨時給付金】

子育て世帯への「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として
臨時特別給付金が決まっています。

この臨時特別給付金は通常から支給されている児童手当に上乗せされる給付金となります。
(現行で行われている児童手当は、16歳未満の子供のいる世帯に2月・6月・10月に支給)

児童手当は、1ヶ月一人あたり10,000~15,000円支給されていますが、これに臨時特別給付金として
一人あたり10,000円が上乗せして支給されるようです。

早ければ、来月6月に支給される予定のようです。

例えば、現行で月額10,000円を支給されている1人の子供が、ご家庭にいるとすると・・・

1名分の月額の児童手当10,000円と臨時特別給付金の10,000円で合計20,000円
となりますので、2名だと40,000円となります。

しかし、この臨時特別給付金はこの度の新型コロナウイルス感染症の影響に伴う給付金ですので
現時点では、1回限りの措置のようです。

この申請方法は、特別に申請する必要は有りません(現在要件に該当しているならば)

支給対象となる児童は平成16年4月2日~令和2年3月31日に生まれとなります。

お子さんをお持ちのご家庭で、次回6月の児童手当の入金がある方は
是非、臨時特別給付金の分の上乗せがあったかご確認してくださいね。

お住まいの市区町村によっては各自治体から独自の子育て世帯の給付金も
あるようですので、こちらのご確認も市町村のホームページなどで忘れずに行っておきましょう。


私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での
お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
税理士法人 入江会計事務所
神戸事務所 ☎ 078-599-5556
東京事務所 ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »