« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月27日 (木)

【これも医療費控除対象!?】

医療費控除と言えば、家族の医療費が年間で10万円を超える場合に
 
税金が戻ってくる仕組みの事ですが、対象となる一般的なもの以外
 
にもあるのをご存知でしょうか?
 
その一つが『スポーツジム』の利用料です。
 
但し、条件を満たさなくてはなりませんが・・・。
 
 
その為には・・・。
 
 
① お医者さんの【運動療法処方箋】が必要。
  (糖尿病・高血圧症などの病気の治療である事の診断書)
 
② 厚生労働省や健康保険組合の【指定療法施設】である。
  (運動型健康増進施設は全国で336ヵ所 2017/7/26現在)
 
③ 週1回以上の頻度で8週間以上継続が必要。
  (指示を受け、健康改善。【実施証明書】をもらう)
 
 
そして、確定申告時にスポーツジムの利用料と【実施証明書】を
 
一緒に提出すれば医療費控除とする事が可能です。
 
 
しかし、、、
 
あくまでも健康診断の結果が悪く、
 
病気の治療の為である事を忘れないで下さいね。
 
 
 
[参考] 認定された施設の一覧はこちら ↓↓↓
 
日本健康スポーツ連盟   http://www.kenspo.or.jp/search/
 
 
 
私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外での
お得で喜んでもらえるような情報もお届けしています。
 
 
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 
 
税理士法人 入江会計事務所
 
神戸事務所   ☎ 078-599-5556
 
東京事務所   ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

【加給年金】年金シリーズ②

前回の【付加年金】に続いて、今回は【加給年金】についてご紹介します。
 
加給年金とは老齢厚生年金に上乗せされる家族手当のようなものだそうです。
 
受取る為の条件は・・・
 
・厚生年金の被保険者期間が20年以上
 
・老齢厚生年金の受給時に配偶者65歳未満や子どもが18歳未満
 
 
 
因みに上乗せされる年額は幾らかというと・・・
 
・配偶者は22万4300円
 
・子どもは1人22万4300円(2人目まで) 3人目以降7万4800円
 
更に、配偶者がいる場合には生年月日に応じて特別加算がプラスされ
それを合計すると約40万円近くの金額になるのです。
 
 
但し、配偶者が老齢厚生年金や退職共済年金を受ける場合は
一定額の年金収入があるので支給されませんのでご注意ください!
 
 
という事は。。。
 
5歳年下の配偶者がいる場合は同じ年の配偶者より5年間長く支給される。
 
つまり、5年 × 約40万ですから約200万円にもなる!!!
 
 
しかし、この【加給年金】は年金事務所で申請をしなくてはいけません。
 
知らなかったり、手続きしないと支給されません。
 
 
損してしまわないように、受け取り条件を満たしている方は
 
必ず忘れずに、申請をして下さいね。
 
 
私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外でのお得で
喜んでもらえるような情報もお届けしています。
 
 
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 
 
税理士法人 入江会計事務所
 
神戸事務所   ☎ 078-599-5556
 
東京事務所   ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

【個人型確定拠出年金③】

実際に楽天証券とSBI証券に資料請求をしました。
 
その時点(5月9日)では、
 
楽天証券・・・加入から1年間は月々の手数料が無料、
          その後は拠出累計額が10万円以上なら無料
 
 
SBI証券・・・年金資産残高が50万円以上なら無料
 
 
 
現在は、
 
楽天証券もSBI証券の両方共に
加入時の手数料や毎月の運営管理手数料等が条件ナシで無料となりました。
 
 
私の場合、丁度どちらにしようか迷っていた時に、
このお知らせが届きました。。。。
 
 
しかし、証券会社の運営管理手数料は無料ですが、
 
加入時   国民年金基金連合会   2777円
 
毎月     国民年金基金連合会     103円
        事務委託先金融機関         64円
 
これらは無料になりませんのでご注意ください。
 
 
 
非常に大きなメリットのある制度であるにもかかわらず
 
なぜ普及をしないのかを先日お会いした或る会社の方が
 
『金融機関には儲けが少なく、うま味がナイのでどこも力を入れていない』
 
と言っていました。
 
 
折角の税制上、得な制度も知っている方と知らない方には
こんな理由で大きな差が出来てしまうのですね。
 
 
ぜひ皆さんもご自身で詳しく調べてみては如何でしょうか。
 
 
 
私達、入江会計事務所は税務だけではなく、お客様に税務以外でのお得で
喜んでもらえるような情報もお届けしています。
 
 
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 
 
税理士法人 入江会計事務所
 
神戸事務所   ☎ 078-599-5556
 
東京事務所   ☎ 03-3593-5666

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »