« 資金調達について③ | トップページ | 銀行取引について »

2013年9月17日 (火)

事業計画をたてる

神戸の税理士事務所/入江会計事務所 です。

会社を設立するときは、様々な人を相手に会社の業務内容を説明し、
理解や協力を得られなければなりません。

会社を運営する上で、設立時の資本金だけで会社の
運転資金が賄えれば良いですが、
会社設立当初はどうしても資金繰りが窮屈になります。

そこで、金融機関からの融資を受けたいと思ったときに必要にとなるのが
事業計画書です。

事業計画書の主な内容

①事業の概要
事業の概要は、簡単でわかりやすい文章で

②経営理念
会社を運営する上での理念を表す

③商品・サービス
会社が取り扱う商品を、専門用語を使わずに誰にでもわかるよう説明

④競合他社の状況
ライバルがどれくらいいるかなどの市場環境について

⑤社会的背景・ニーズ
会社の商品の必要性、ニーズのある年齢層など今後の見通しを含めて記述

⑥問題点・課題
現時点で抱えている問題点を考え、その解決策を記述


弊所で法人設立の場合、定款の作成や融資、事業に関するご相談など親身にサポートさせていただきます。
時間、費用の節約にぜひ弊所の起業家応援プランをご活用ください!

神戸で会社を設立するなら⇒神戸会社設立i.net

|

« 資金調達について③ | トップページ | 銀行取引について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/526784/53292025

この記事へのトラックバック一覧です: 事業計画をたてる:

« 資金調達について③ | トップページ | 銀行取引について »